入門・社会調査法 : 2ステップで基礎から学ぶ

書誌事項

入門・社会調査法 : 2ステップで基礎から学ぶ

轟亮, 杉野勇編

法律文化社, 2010.4

タイトル別名

An introduction to social research methods

入門社会調査法 : 2ステップで基礎から学ぶ

タイトル読み

ニュウモン シャカイ チョウサホウ : 2ステップ デ キソ カラ マナブ

大学図書館所蔵 件 / 216

注記

文献リスト: p221-229

内容説明・目次

内容説明

正しい情報が必要とされる時代に、調査データの質を見抜き、さらに調査を企画・実施するスキルを修得。調査現場の実践知を、わかりやすく基礎と発展の2段階で示す。社会調査士資格取得カリキュラムA・B・G対応。

目次

  • 社会調査とは何か—調査法、はじめの一歩
  • 社会調査の種類—質的調査と量的調査とは?
  • 社会調査のプロセス—アイディアから後かたづけまで
  • 社会調査のデザイン—因果分析を念頭に調査を設計するには?
  • 実査の方法—どのような方法を選べば良いのか?
  • 調査票の作成—質問の作成からレイアウトまで
  • サンプリング—対象者はどのように選べば良いのか?
  • 調査の実施—郵送法と個別面接法
  • データファイルの作成—データの正確さを求めて
  • データの基礎的集計—たくさんの情報を要約する
  • 統計的推測—見えない「全体」に対する想像力
  • 変数間の関連—データを分析する
  • 調査報告とデータの管理—調査のフィナーレもしっかりと
  • 社会調査の意義と今日的課題—私たちはいま何を考えるべきか?

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB01732344
  • ISBN
    • 9784589032577
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    xv, 235p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ