影の銀行 : もう一つの戦後日本金融史

書誌事項

影の銀行 : もう一つの戦後日本金融史

河村健吉著

(中公新書, 2069)

中央公論新社, 2010.8

タイトル読み

カゲ ノ ギンコウ : モウ ヒトツ ノ センゴ ニホン キンユウシ

大学図書館所蔵 件 / 278

内容説明・目次

内容説明

「影の銀行」は金融当局の規制や監視を受けない運用機関のことで、伝統的な銀行と手を組んで収益を拡大した。高度成長期の日本では、銀行は貸出先に事欠かなかったが、70年代以降は不動産融資や有価証券投資で利益の増大を図った。そこに登場したのが影の銀行だ。銀行の別働隊であるノンバンクやヘッジファンドが生まれ、いまや世界経済を揺るがすに至った。戦後日本金融史をふまえ、知られざる影の銀行の全貌を明かす。

目次

  • 第1章 資本不足の時代(高度成長期の銀行;コンピュータの導入 ほか)
  • 第2章 忍び寄る投機の影—石油危機から金融自由化へ(石油危機、資金不足から資金過剰へ;八〇年代の金融自由化とバブル)
  • 第3章 金融投機からバブル崩壊へ(八〇年代の影の銀行—特金とノンバンク;危機の一〇年と金融再編 ほか)
  • 第4章 影の銀行と投機の時代(従来型の銀行(Traditional Banking System)の変容;影の銀行(Shadow Banking System) ほか)
  • 第5章 金融不安定化の構造(信用膨張の実態;投機の規制を考える)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB03006106
  • ISBN
    • 9784121020697
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iv, 260p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ