イギリス成年後見制度にみる自律支援の法理 : ベスト・インタレストを追求する社会へ

書誌事項

イギリス成年後見制度にみる自律支援の法理 : ベスト・インタレストを追求する社会へ

菅富美枝著

ミネルヴァ書房, 2010.10

タイトル別名

イギリス成年後見制度にみる自律支援の法理 : ベストインタレストを追求する社会へ

タイトル読み

イギリス セイネン コウケン セイド ニ ミル ジリツ シエン ノ ホウリ : ベスト インタレスト オ ツイキュウ スル シャカイ エ

大学図書館所蔵 件 / 134

内容説明・目次

内容説明

日本の成年後見制度は、法律上、財産管理を中心に展開しており、実務運用も後見人目線での「保護」の姿勢に偏りがちである。だが、英国の成年後見制度は、本人の生活全般にわたる個々の意思決定に際して、本人が自己の判断能力だけでは果たせない部分を、その部分に限り、後見人が支援して決定に導くという姿勢をとっている。本書は、世界的に注目されている同制度の詳細な解説と共に、その基本理念、社会的背景に着目し、多角的分析を行う。

目次

  • 序章 イギリス成年後見制度序説
  • 第1章 2005年意思決定能力法—The Mental Capacity Act 2005
  • 第2章 意思能力の判断と自律支援—日本法とイギリス法
  • 第3章 「ベスト・インタレスト」論
  • 第4章 任意後見制度と法定後見制度—分離と統合
  • 第5章 家族と成年後見制度—任意後見、医療同意、日常生活支援
  • 第6章 自律支援の理念と損害賠償法—「二重の支援構造」の構築
  • 第7章 成年後見制度の新たなグランド・デザインに向けて—支援をめぐる家族、市民、社会、国家の役割

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB03664879
  • ISBN
    • 9784623058495
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    xii, 277p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ