書誌事項

茶湯一会集 ; 閑夜茶話

井伊直弼著 ; 戸田勝久校注

(岩波文庫, 青-33-050-1)

岩波書店, 2010.10

タイトル別名

茶湯一会集

タイトル読み

チャノユ イチエシュウ ; カンヤ チャワ

大学図書館所蔵 件 / 239

注記

底本: 「茶湯一会集」(自筆本、彦根城博物館「彦根藩井伊家文書」ニ八一八七<典籍七六-一>)、「閑夜茶話(自筆本、同三〇七七五<典籍九四>)

解説: p297-327

シリーズ番号表示: 標題紙「33-050-1」 背表紙「青50-1」

内容説明・目次

内容説明

幕末の大老井伊直弼(1815‐60)は、井伊家十四男に生まれ、「埋木舎」とみずからが名づけた彦根城下の屋敷で過ごした部屋住み時代より文武諸芸に親しみ、茶湯に深く傾倒した。「一期一会」の茶会に相対する主客の心得を詳しく記した『茶湯一会集』には、その境地が示される。多くの茶書から直弼が学び抄出した『閑夜茶話』を併収。

目次

  • 茶湯一会集(茶湯約束の事 前礼;着服ならびに懐中物;露地掃除ならびに水;数寄屋掃除ならびに簾;道具取合仕付ならびに懐石取合;客参着・初度露・迎えの書;初入・主客挨拶;初炭手前中;懐石中・かよい・客給べ様;中立—腰懸の心得・中立中の設 ほか)
  • 閑夜茶話

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB03669974
  • ISBN
    • 9784003305010
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    327p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ