書誌事項

構造機能生物学

藤吉好則 [ほか] 著

(現代生物科学入門 / 浅島誠, 黒岩常祥, 小原雄治編, 3)

岩波書店, 2011.1

タイトル読み

コウゾウ キノウ セイブツガク

大学図書館所蔵 件 / 292

注記

その他の著者: 中川敦史, 前田雄一郎, 小田俊郎, 嶋田一夫, 西田紀貴, 谷一寿, 加藤博章

索引: p259-262

参考図書・引用文献: p245-257

内容説明・目次

内容説明

構造機能生物学は複雑なタンパク質や生体高分子複合体を解析し、生物学の基本原理の解明にも貢献が大きい。真核生物や原核生物の塩基配列の解読が進む現状をふまえ、セントラルドグマから細胞骨格、細胞外マトリックス、膜タンパク質まで、生物の構造と機能を学ぶ上で必要な基礎事項、最新の成果、課題を解説。発展が著しい生物時計研究についても詳述した。

目次

  • 1 核の構造機能生物学(セントラルドグマ—遺伝情報からタンパク質へ;タンパク質の基本構造 ほか)
  • 2 細胞運動のメカニズム(筋肉の収縮;筋収縮の調節 ほか)
  • 3 細胞外マトリックスの構造生物学(細胞接着と組織形成を支える細胞外マトリックス;細胞外マトリックスを構成する分子の立体構造 ほか)
  • 4 膜タンパク質構造機能生物学(膜研究の現状といろいろな研究課題;膜研究の現状と構造研究の具体例 ほか)
  • 5 時計制御構造生物学(生物時計が刻む概日リズムとは何か;哺乳動物の生物時計 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB04611936
  • ISBN
    • 9784000069632
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    x, 262p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ