書誌事項

日本語教室

井上ひさし著

(新潮新書, 410)

新潮社, 2011.3

タイトル読み

ニホンゴ キョウシツ

大学図書館所蔵 件 / 234

注記

著者の母校上智大学で2001年10月から毎月1回、計4回行われた著者の講演会をまとめたもの

井上ひさし著書・単行本目録(抄): 巻末

内容説明・目次

内容説明

井上ひさしが生涯考え続けた、日本と日本語のこと。母語と脳の関係、カタカナ語の弊害、東北弁標準語説、やまとことばの強み、駄洒落の快感…溢れる知識が、縦横無尽に語られる。「日本語とは精神そのもの。一人一人の日本語を磨くことでしか、未来は開かれない」—母校・上智大学で行われた伝説の連続講義を完全再現。日本語を生きるこれからの私たちへ、“やさしく、ふかく、おもしろい”最後の言葉。

目次

  • 第1講 日本語はいまどうなっているのか(母語は精神そのものです;FANCLをファンケルとなぜ読む ほか)
  • 第2講 日本語はどうつくられたのか(「レモンティー」が正しい日本語;日本語はどこからきたのか ほか)
  • 第3講 日本語はどのように話されるのか(最後はかならず母音でおわる;五つの音色の使い分け ほか)
  • 第4講 日本語はどのように表現されるのか(日本人に文法はいらない;日本語の不確定さ ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB0515270X
  • ISBN
    • 9784106104107
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    182p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ