書誌事項

歴史語用論入門 : 過去のコミュニケーションを復元する

高田博行, 椎名美智, 小野寺典子編著

(シリーズ・言語学フロンティア, 03)

大修館書店, 2011.4

タイトル別名

Introduction to historical pragmatics

タイトル読み

レキシ ゴヨウロン ニュウモン : カコ ノ コミュニケーション オ フクゲン スル

大学図書館所蔵 件 / 191

注記

内容: はしがき(編者一同), 第1部: 理論と方法論(第1章「歴史語用論の基礎知識」-第3章「文法化と(間)主観化」), 第2部: ケーススタディー(第4章「談話標識(ディスコースマーカー)の歴史的発達」-第11章「日韓語の文末表現に見る語用論的意味変化」), 参照文献, あとがき(高田博行, 椎名美智, 小野寺典子), 事項索引, 人名索引, 編者・執筆者のプロフィール

参照文献: p[209]-226

収録内容

  • 歴史語用論の基礎知識 / 高田博行, 椎名美智, 小野寺典子 [執筆]
  • コーパス言語学と歴史語用論 : ヘルシンキコーパスの貢献 / Irma Taavitsainen [執筆] ; 中安美奈子訳
  • 文法化と(間)主観化 / Elizabeth Closs Traugott [執筆] ; 福元広二訳
  • 談話標識(ディスコースマーカー)の歴史的発達 : 英日語に見られる(間)主観化 / 小野寺典子 [執筆]
  • シャーロック・ホームズの英語に見られる挿入詞の機能 / 秋元実治 [執筆]
  • 何を「誓い」,何を「呪い」,何を「願う」のか? : 初期近代英語期の裁判と戯曲の世界から / 椎名美智 [執筆]
  • チョーサーの『カンタベリー物語』における呼称 / Andreas H. Jucker [執筆] ; 東泉裕子訳
  • 敬称の笛に踊らされる熊たち : 18世紀のドイツ語呼称代名詞 / 高田博行 [執筆]
  • 丁寧語の語源と発達 / 金水敏 [執筆]
  • 日本語における聞き手敬語の起源 : 素材敬語の転用 / 森山由紀子, 鈴木亮子 [執筆]
  • 日韓語の文末表現に見る語用論的意味変化 : 機能主義的類型論の観点から / 堀江薫, 金廷珉 [執筆]

内容説明・目次

目次

  • 第1部 理論と方法論(歴史語用論の基礎知識;コーパス言語学と歴史語用論—ヘルシンキコーパスの貢献;文法化と(間)主観化)
  • 第2部 ケーススタディー(談話標識(ディスコースマーカー)の歴史的発達—英日語に見られる(間)主観化;シャーロック・ホームズの英語に見られる挿入詞の機能;何を「誓い」、何を「呪い」、何を「願う」のか?—初期近代英語期の裁判と戯曲の世界から;チョーサーの『カンタベリー物語』における呼称;敬称の笛に踊らされる熊たち—18世紀のドイツ語呼称代名詞 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB05362178
  • ISBN
    • 9784469213317
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    x, 241p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ