日常に生かす数学的思考法 : 屁理屈から数学の論理へ

書誌事項

日常に生かす数学的思考法 : 屁理屈から数学の論理へ

竹山美宏著

(DOJIN選書, 38)

化学同人, 2011.3

タイトル読み

ニチジョウ ニ イカス スウガクテキ シコウホウ : ヘリクツ カラ スウガク ノ ロンリ エ

大学図書館所蔵 件 / 155

内容説明・目次

内容説明

なぜ数学を勉強しなければならないの?多くの人が一度は抱いたであろうこの疑問を、数学の論理や言葉遣いという切り口から考える。日ごろ接する文章なども題材にしながら、日常生活と数学の世学での言葉遣いの違いを浮き彫りにしつつ、それを越えて数学的思考法を日々の生活に生かす可能性を探る。すると、自分を頑なにしている思い込みを解きほぐし、新しい発想を得るうえで、数学が「役に立つ」ことが明らかになってきた。クールで刺激に満ちた数学の論理をめぐる冒険。

目次

  • 第1章 数学の言葉遣い—「ならば」をめぐって
  • 第2章 演繹という考え方—論理体系としての数学
  • 第3章 議論の骨組みをつかまえる—数学の記号論理(1):論理結合子
  • 第4章 文章の曖昧さを照らし出す—数学の記号論理(2):量化子
  • 第5章 切れ味鋭い数学の論理—代表的な二つの論法
  • 第6章 日々の言葉に数学を

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB05671048
  • ISBN
    • 9784759813388
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    192p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ