書誌事項

現代ロシア経済論

吉井昌彦, 溝端佐登史編著

(シリーズ・現代の世界経済, 4)

ミネルヴァ書房, 2011.5

タイトル読み

ゲンダイ ロシア ケイザイロン

大学図書館所蔵 件 / 213

注記

ロシア・関連諸国基本統計: p270-271

ロシア関連年表: p272-275

参考文献: 各章末

収録内容

  • ロシア経済論とは / 吉井昌彦 [執筆]
  • ロシアにおける市場経済移行 / 吉井昌彦 [執筆]
  • ロシア経済の歴史と政治システム / 小西豊 [執筆]
  • マクロ経済・産業構造 / 田畑伸一郎 [執筆]
  • 財政・金融 / 杉浦史和 [執筆]
  • 民営化と企業システム / 溝端佐登史 [執筆]
  • 労働市場と社会政策 / 武田友加 [執筆]
  • 経済格差と階層化 / 林裕明 [執筆]
  • 開発と環境 / 徳永昌弘 [執筆]
  • ロシア極東地域 / 堀江典生[執筆]
  • 国際経済関係 / 上垣彰 [執筆]
  • 中央アジア・コーカサスの市場経済化 / 樋渡雅人 [執筆]
  • 中・東欧の市場経済移行 / 家本博一 [執筆]
  • ロシア経済の行方 / 溝端佐登史 [執筆]

内容説明・目次

内容説明

ロシア経済は、ソ連解体後の混乱を乗り越え、2000年以降の世界的な資源価格の高騰を背景に、天然資源の供給基地、1億4000万人のマーケットとして注目を集めるようになり、BRICsの一角として21世紀の世界経済を支えていくことが期待されている。本書は経済概要だけでなく、市場移行で起きた諸問題、社会問題、中央アジアや中東欧諸国との関係を分析することで、ロシアの今後の成長可能性を多面的に考察している。

目次

  • ロシア経済論とは
  • 第1部 市場経済移行の推移(ロシアにおける市場経済移行;ロシア経済の歴史と政治システム;マクロ経済・産業構造;財政・金融;民営化と企業システム)
  • 第2部 国民の暮らしと地域(労働市場と社会政策;経済格差と階層化;開発と環境;ロシア極東地域)
  • 第3部 貿易と対外経済関係(国際経済関係;中央アジア・コーカサスの市場経済化;中・東欧の市場経済移行)
  • ロシア経済の行方

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB05811023
  • ISBN
    • 9784623060368
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    vii, 286p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ