書誌事項

19世紀 : ナポレオンの世紀

ミシュレ [著] ; 立川孝一責任編集

(フランス史 / ミシュレ [著], 6)

藤原書店, 2011.9

タイトル別名

Histoire de France

Dix-neuvième siècle : Napoléon et son âge

タイトル読み

19セイキ : ナポレオン ノ セイキ

大学図書館所蔵 件 / 190

注記

監修: 大野一道, 立川孝一

『十九世紀史』第1巻〜第3巻(1872-75)の抄訳、翻訳に際して、フラマリオン版全集の第21巻(1982)を参照したもの

図版・地図一覧: p583

付録: 原著『19世紀史』総目次(第1〜3巻), フランス史年表(1789-1815), 関連系図, 関連地図, ミシュレ年譜, ミシュレ著作一覧: p584-604

内容説明・目次

内容説明

テルール(恐怖政治)以降の混乱をだれが収束するか。「英雄」ナポレオンに対峙するミシュレの厳しいまなざしは、国境を越えスペイン、ロシア、そして極東の日本へと広がり、グローバル化する現代世界を予見する。

目次

  • 社会主義、軍国主義、産業主義
  • バブーフ
  • 女たちの恐るべき躍進
  • 活動再開—学校の創設
  • ジェルミナルとプレリアルの峰起(一七九五年四月‐五月)
  • ヴァンデミエールの反乱—ボナパルトの登場
  • ボナパルト家の起源
  • イタリア遠征の企て
  • 歴史の審判
  • イギリスとアイルランド〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ