上野先生、勝手に死なれちゃ困ります : 僕らの介護不安に答えてください

書誌事項

上野先生、勝手に死なれちゃ困ります : 僕らの介護不安に答えてください

上野千鶴子, 古市憲寿著

(光文社新書, 544)

光文社, 2011.10

タイトル別名

上野先生勝手に死なれちゃ困ります : 僕らの介護不安に答えてください

タイトル読み

ウエノ センセイ、 カッテニ シナレチャ コマリマス : ボクラ ノ カイゴ フアン ニ コタエテ クダサイ

大学図書館所蔵 件 / 176

内容説明・目次

内容説明

ベストセラー『おひとりさまの老後』を残して、この春、東大を退職した上野千鶴子・東大元教授。帯の名文句「これで安心して死ねるかしら」に対して、残された教え子・古市憲寿が待ったをかける。親の老いや介護に不安を覚え始めた若者世代は、いくら親が勝手に死ねると思っていても、いざとなったら関与せずにはすまない。さらに少子高齢化社会で、団塊世代による負の遺産を手渡されると感じている子世代の先行きは、この上なく不透明。だとすれば、僕たちが今からできる心構えを、教えてほしい—と。これに対し、「あなたたちの不安を分節しましょう。それは親世代の介護の不安なの?それとも自分たち世代の将来の不安なの?」と切り返す上野。話は介護の実際的な問題へのアドバイスから、親子関係の分析、世代間格差の問題、共同体や運動の可能性etc.へと突き進む。30歳以上歳の離れた2人の社会学者の対話をきっかけに、若者の将来、この国の「老後」を考える試み。

目次

  • 第1章 何が不安なのか、わからない、という不安
  • 第2章 介護という未知のゾーンへの不安
  • 第3章 介護保険って何?
  • 第4章 それより自分たちのこれからのほうが不安だった
  • 第5章 少子化で先細りという不安
  • 第6章 若者に不安がない、という不安
  • 第7章 不安を見つめ、弱さを認めることからはじまる

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ