限界集落の真実 : 過疎の村は消えるか?

書誌事項

限界集落の真実 : 過疎の村は消えるか?

山下祐介著

(ちくま新書, 941)

筑摩書房, 2012.1

タイトル読み

ゲンカイ シュウラク ノ シンジツ : カソ ノ ムラ ワ キエルカ?

大学図書館所蔵 件 / 311

注記

参考文献: p284

本書のもとになった研究: p284-285

内容説明・目次

内容説明

高齢化が進み、いずれ消滅に至るとされる「限界集落」。だが危機を煽る報道がなされているのに、実際に消滅したむらはほとんどない。そこには逆に「限界集落」という名付けをしたことによる自己予言成就—ありもしない危機が実際に起きる—という罠すら潜んでいる。カネの次元、ハードをいかに整備するかに問題を矮小化してきた、これまでの過疎対策の責任は重い。ソフトの問題、とりわけ世代間継承や家族の問題を見据え、真に持続可能な豊かな日本の地域社会を構想する。

目次

  • 序 むらは消えるか—東日本大震災を経て
  • 第1章 つくられた限界集落問題
  • 第2章 全国の過疎地域を歩く
  • 第3章 世代間の地域住み分け—効率性か、安定性か
  • 第4章 集落発の取り組み
  • 第5章 変動する社会、適応する家族
  • 第6章 集落再生プログラム

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ