長期追跡調査でみる日本人の意識変容 : 高度経済成長世代の仕事・家族・エイジング

書誌事項

長期追跡調査でみる日本人の意識変容 : 高度経済成長世代の仕事・家族・エイジング

吉川徹編著

ミネルヴァ書房, 2012.1

タイトル別名

長期追跡調査でみる日本人の意識変容 : 高度経済成長世代の仕事家族エイジング

タイトル読み

チョウキ ツイセキ チョウサ デ ミル ニホンジン ノ イシキ ヘンヨウ : コウド ケイザイ セイチョウ セダイ ノ シゴト・カゾク・エイジング

大学図書館所蔵 件 / 230

注記

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

大規模調査「職業とパーソナリティについての長期追跡パネル調査」の成果。およそ400人を27年間にわたって追ったデータから現代日本人の姿を描き出す。

目次

  • 第1部 時代変化を捉える調査データ(長期追跡パネル調査の全体像;中高年期における意識の安定性に関する日米比較;人生を通じた社会意識の学歴差 ほか)
  • 第2部 人生と仕事(働き方による社会意識の変化;中高年期を迎えた仕事人間・会社人間の社会参加;主婦化と就労化—過去の就業と性別役割分業意識の影響)
  • 第3部 人生と家族(夫婦の意識の類似性とその変化の日米比較;中高年期における父親の子育て満足度の規定要因—教育期待と教育達成の不整合からみる子どもの名誉財化;親の子育て方針と中高年期の父子関係 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ