書誌事項

津波の後の第一講

今福龍太, 鵜飼哲編

岩波書店, 2012.2

タイトル別名

津波の後の第一講

タイトル読み

ツナミ ノ アト ノ ダイ1コウ

大学図書館所蔵 件 / 130

注記

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

大震災のあと、新年度最初の授業では何が語られたのか。学びはじめる若者たちへの大学講義をまとめたアンソロジー。

目次

  • 1 問い、応える(“過ぎ去らない現在”から“はじまり”へ;傷跡の彼方に;ディアスポラに生きる;宙づりを生きる知のありかた)
  • 2 知り、推し量る(放射能汚染と付き合う社会の到来;出来事の重みから考える;大災害のあとを生きる;歴史をつくるのは誰か—下放、すなわちスタイルの根底的転換=文体革命を!)
  • 3 離れ、近づく(私たちのショアー;震災とトラウマのことば;私たちの「しま」を繋いだ波;なゐふる思想—震える群島の起源)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ