書誌事項

境界域からみる西洋世界 : 文化的ボーダーランドとマージナリティ

田中きく代 [ほか] 編著

(Minerva西洋史ライブラリー, 93)

ミネルヴァ書房, 2012.3

タイトル読み

キョウカイイキ カラ ミル セイヨウ セカイ : ブンカテキ ボーダーランド ト マージナリティ

大学図書館所蔵 件 / 167

注記

その他の編著者: 中井義明, 朝治啓三, 高橋秀寿

収録内容

  • 文化的ボーダーランドとマージナリティ / 田中きく代, 中井義明著
  • 海軍工廠都市ロシュフォールの誕生 / 阿河雄二郎著
  • 英国コーンウォールにおける海難の近代史 / 金澤周作著
  • サンフランシスコのヴィジランティズム / 横山良著
  • ドイツ第二帝政下のポーゼン / 飯田収治著
  • 中世末期ロンドンの娼婦たち / 赤阪俊一著
  • 一七世紀パリにおける宗教と政治 / 山上浩嗣著
  • 東西世界のはざまとしてのミレトス / 中井義明著
  • 中世英仏関係にみる境界都市ボルドー / 朝治啓三著
  • クラクフにおける民族の再生と新興市民層の形成 / 藤井和夫著
  • 冷戦の境界ベルリンの空間形成 / 高橋秀寿著
  • アテナイ市民の自覚と美術表現 / 関隆志著
  • 一七世紀アムステルダムにおける古代の再生 / 加藤哲弘著
  • エリー運河全通祭と一九世紀の政治文化 / 田中きく代著

内容説明・目次

内容説明

歴史上の境界は、単なる「線」ではなく、調停や融和を醸成する要因を含む「空間」である—。地理的な空間を超え、様々な人、言語、文化、経済などが混じり合う「文化的ボーダーランド(境界域)」。本書は、古代から現代にいたる西洋世界の歴史のなかで、新たな文化の起点となってきたボーダーランドを取り上げ、歴史研究への複層的アプローチを試みる。

目次

  • 文化的ボーダーランドとマージナリティ
  • 第1部 辺境としての境界域(海軍工廠都市ロシュフォールの誕生—近世フランス海軍成立史のひとこま;英国コーンウォールにおける海難の近代史—ジョン・ブレイ翁の『回想録』(一八三二年)を読む ほか)
  • 第2部 内なる辺境としての境界域(ドイツ第二帝政下のポーゼン—境界域における諸民族の相克と共生;中世末期ロンドンの娼婦たち—ロンドン郊外サザクの娼館条例を読む ほか)
  • 第3部 文明・帝国・民族の交差点としての境界都市(東西世界のはざまとしてのミレトス—ある境界都市の歴史;中世英仏関係にみる境界都市ボルドー—ワインと平和 ほか)
  • 第4部 表象される境界域(冷戦の境界ベルリンの空間形成—国民をつくる空間;アテナイ市民の自覚と美術表現—民主政成立期における陶工の意識変化 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB08660900
  • ISBN
    • 9784623061228
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    xvii, 316, 9p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ