聞き書き震災体験 : 東北大学90人が語る3.11

著者

書誌事項

聞き書き震災体験 : 東北大学90人が語る3.11

とうしんろく(東北大学震災体験記録プロジェクト)編

新泉社, 2012.3

タイトル読み

キキガキ シンサイ タイケン : トウホク ダイガク 90ニン ガ カタル 3.11

大学図書館所蔵 件 / 130

注記

監修: 高倉浩樹, 木村敏明

内容説明・目次

内容説明

学生、留学生、教員、職員、大学生協、取引業者、訪問者…今は一見平穏に日常生活を送っている人たちは、東日本大震災にどのように遭遇し、その後の日々を過ごしたのだろうか。一人ひとりの個人の声に耳を傾け、聞き書きを続けていくなかで、はじめて知ることのできた隣人たちの多様な震災体験の記憶。

目次

  • 1 「とうしんろく」とは(「とうしんろく」の経験—個人的・主観的な体験と記憶の価値;「とうしんろく」の活動—活動の方法とひろがり;「とうしんろく」の話者—話者の属性や体験の特徴)
  • 2 記憶と体験の記録(学部生・院生;留学生;教員・研究員;大学職員;大学生協・業者・訪問者)
  • 3 「とうしんろく」運営ボランティアの声(「3・11」を語り聴くということ—自分への問いかけ;「とうしんろく」の活動を振り返って;癒しとしての「とうしんろく」;雑多な体験を拾い上げ、記録するということの意味;災害化学からみた「とうしんろく」;「とうしんろく」の役割;復旧の足跡)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ