西洋哲学の軌跡 : デカルトからネグリまで

書誌事項

西洋哲学の軌跡 : デカルトからネグリまで

三崎和志, 水野邦彦編

晃洋書房, 2012.4

タイトル読み

セイヨウ テツガク ノ キセキ : デカルト カラ ネグリ マデ

大学図書館所蔵 件 / 83

注記

文献: 各章末

内容説明・目次

目次

  • 第1部 あたらしい世界観の成立(デカルト—真理の不確信からの脱却;ホッブズ—早すぎた民主主義?;スピノザ—無神論者と世慣れた有徳の人)
  • 第2部 啓蒙と批判の哲学(ルソー—文明が生んだ自然人;スミス—経済と倫理の哲学者;カント—近代哲学の「第一人者」)
  • 第3部 観念から現実へ(ヘーゲル—自由と共同の哲学;シェリング—悪と芸術;フェイエルバッハ—キリスト教批判と感性の哲学;マルクス—資本主義非販としての素材の思想)
  • 第4部 哲学の再出発(フッサール—アルケーの探求者;ハイデガー—存在の歴史との対話;アドルノ—“アウシュビッツ以後”の哲学;デューイ—日常的な経験の探求者;ウィトゲンシュタイン—言語批判の哲学)
  • 第5部 哲学の最前線(アーレント—政治と人間;ハーバーマス—コミュニケーションと民主主義;フーコー—真理・権力・倫理;ネグリ—グローバル資本主義を転覆する革命の探求)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB08966671
  • ISBN
    • 9784771023413
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    v, 235p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ