書誌事項

記憶とユートピア

塩川伸明, 小松久男, 沼野充義編

(ユーラシア世界, 3)

東京大学出版会, 2012.6

タイトル別名

Memories and utopias

タイトル読み

キオク ト ユートピア

大学図書館所蔵 件 / 176

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

より深く知るためのブックガイド: p247-253

参考文献あり

収録内容

  • 記憶とユートピア / 小松久男 [執筆]
  • 汎イスラーム主義再考 : ロシアとイスラーム世界 / 小松久男 [執筆]
  • 革命と哲学 : 世紀転換期ロシアにおけるマルクス主義者たちの哲学的模索と論争 / 佐藤正則 [執筆]
  • ポストモダニズムとユートピア/アンチユートピア : 現代ロシアにおける「近代」の超克 / 貝澤哉 [執筆]
  • 記憶の中のロシア革命 : ロンム『十月のレーニン』とスターリン時代の革命映画 / 池田嘉郎 [執筆]
  • 歴史と記憶の政治 : エストニアの事例を中心に / 橋本伸也 [執筆]
  • 英雄叙事詩の伝える記憶 / 坂井弘紀 [執筆]
  • ポーランド=リトアニア・タタール人のイスラームの記憶 / 濱本真実 [執筆]
  • 歴史と記憶との狭間を生きることについて : ツォンゴール・ブリヤート人のソ連時代とその後 / 渡邊日日 [執筆]

内容説明・目次

内容説明

繰り返される越境と変容—歴史と現在、地域と世界との対話へ。「夢」の跡地に宿る力。転変の歴史を経て刻まれた記憶、ユートピアの孕む光と陰。交錯する過去と未来が底流となり、世界の現在を動かす。

目次

  • 1 ユートピアの思想と運動(汎イスラーム主義再考—ロシアとイスラーム世界;革命と哲学—世紀転換期ロシアにおけるマルクス主義者たちの哲学的模索と論争;ポストモダニズムとユートピア/アンチユートピア—現代ロシアにおける「近代」の超克)
  • 2 記憶と政治(記憶の中のロシア革命—ロンム『十月のレーニン』とスターリン時代の革命映画;歴史と記憶の政治—エストニアの事例を中心に)
  • 3 記憶の深層(英雄叙事詩の伝える記憶;ポーランド=リトアニア・タタール人のイスラームの記憶;歴史と記憶との狭間を生きることについて—ツォンゴール・ブリヤート人のソ連時代とその後)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ