災害と妖怪 : 柳田国男と歩く日本の天変地異

書誌事項

災害と妖怪 : 柳田国男と歩く日本の天変地異

畑中章宏著

亜紀書房, 2012.7

タイトル別名

災害と妖怪柳田国男と歩く日本の天変地異

タイトル読み

サイガイ ト ヨウカイ : ヤナギタ クニオ ト アルク ニホン ノ テンペンチイ

大学図書館所蔵 件 / 153

注記

参考文献・出典: 巻末

内容説明・目次

内容説明

柳田国男の『遠野物語』『妖怪談義』『山の人生』を繙くと、日本列島は、大地震だけでなく、飢饉、鉄砲水、干ばつなど、繰り返し災害に見舞われている。そこかしこで起こる災害の記憶は、河童、座敷童、天狗、海坊主、大鯰、ダイダラ坊…おどろおどろしい妖怪に仮託され、人々の間に受け継がれてきたのだ。遠野、志木、柳田の生まれ故郷の辻川(兵庫)、東京の代田などをたどり直し、各地に残る妖怪の足音を取材しながら、ほそぼそと残る「災害伝承」を明らかにする。

目次

  • 1章 河童は死と深く結びつくものであるという事
  • 2章 天狗が悪魔を祓うといまも信じられている事
  • 3章 洪水は恐るべきものでありすべての始まりでもある事
  • 4章 鯰や狼が江戸の世にもてはやされたという事
  • 5章 一つ目の巨人が跋扈し鹿や馬が生贄にされた事

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ