咳の気になる人が読む本 : 気管支炎、肺炎からCOPD、肺がんまで

書誌事項

咳の気になる人が読む本 : 気管支炎、肺炎からCOPD、肺がんまで

加藤治文, 福島茂著

(ブルーバックス, B-1787)

講談社, 2012.9

タイトル別名

咳の気になる人が読む本 : 気管支炎肺炎からCOPD肺がんまで

タイトル読み

セキ ノ キニナル ヒト ガ ヨム ホン : キカンシエン ハイエン カラ COPD ハイガン マデ

大学図書館所蔵 件 / 269

注記

索引あり

内容説明・目次

内容説明

咳が出るのは、肺などの呼吸器にほとんどの原因があります。肺は人体最大の臓器で、それだけに病気になる人も多く、日本人の6人に1人が肺の病気で亡くなっているというデータもあります。本書では、肺の仕組みや機能に触れながら、咳や痰でわかる病気から、COPDや肺がんなどの深刻な病気までを解説します。

目次

  • 第1章 咳はどうして出るのか?(咳と痰とは何か?;呼吸器と肺の仕組み ほか)
  • 第2章 咳の出る病気(風邪;インフルエンザとパンデミック ほか)
  • 第3章 呼吸不全・息切れになる病気(呼吸が気になる人;喘息が気になる人 ほか)
  • 第4章 肺がんの基礎知識(肺がんの原因;主な肺がんの特徴 ほか)
  • 終章 あとがきにかえて

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB10199305
  • ISBN
    • 9784062577878
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    178p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ