ユーロ破綻そしてドイツだけが残った

書誌事項

ユーロ破綻そしてドイツだけが残った

竹森俊平著

(日経プレミアシリーズ, 178)

日本経済新聞出版社, 2012.10

タイトル別名

ユーロ破綻 : そしてドイツだけが残った

タイトル読み

ユーロ ハタン ソシテ ドイツ ダケ ガ ノコッタ

大学図書館所蔵 件 / 117

注記

参考文献: p274-275

内容説明・目次

内容説明

平和と経済統合の理想から出発したユーロは、当初からの構造矛盾を克服できず、南欧諸国の経済危機を拡大させている。この経済・金融危機は全世界を震撼させる大恐慌へと発展する勢いだ。独仏伊など欧州各国の利害対立や、国際機関の行動、深まる危機の様相を明快に解説。

目次

  • 第1章 大恐慌の神話
  • 第2章 危機は今回もアメリカから欧州へ
  • 第3章 危機は周辺から始まる
  • 第4章 インフレに群がるマネー
  • 第5章 ギリシャ債務不履行の政治経済学
  • 第6章 苦悩するリーダー国ドイツ
  • 第7章 危機拡大の構造
  • 第8章 ユーロ分裂のシナリオ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ