コンビニと日本人 : なぜこの国の「文化」となったのか

著者

    • 加藤, 直美 カトウ, ナオミ

書誌事項

コンビニと日本人 : なぜこの国の「文化」となったのか

加藤直美著

祥伝社, 2012.12

タイトル別名

コンビニと日本人 : なぜこの国の文化となったのか

タイトル読み

コンビニ ト ニホンジン : ナゼ コノ クニ ノ 「ブンカ」 ト ナッタノカ

大学図書館所蔵 件 / 185

注記

参考文献: p260

内容説明・目次

内容説明

先の見えないデフレ不況の中、他業種を尻目にひとり気を吐き、躍進を続けるコンビニ業界。もともと「外来種」であったこの店舗・業態が、なぜこの国に根付き、独自の大発展を遂げたのか。未曾有の人口減少・少子高齢化社会に突入した日本で、コンビニが担うさらなる役割とは…。綿密な取材とデータ分析で解き明かした「コンビニと日本人」の過去・現在・未来。

目次

  • 第1章 東日本大震災とコンビニ(“ライフライン”としての自覚;きっかけは阪神・淡路大震災;震災がもたらしたもの)
  • 第2章 人口減少社会とコンビニ(増えるコンビニ、減る人口;地域のコンビニ;買い物弱者とコンビニ)
  • 第3章 少子高齢社会とコンビニ(高齢化とコンビニ;「おひとりさま」とコンビニ;高齢者対応サービスの変遷)
  • 第4章 ネット社会とコンビニ(コンビニのサービス;コンビニのコミュニケーション)
  • 第5章 コミュニティとコンビニ(コミュニティのネットワーク化;相互扶助ネットワークの検証)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ