レディーの赤面 : ヴィクトリア朝社会と化粧文化

書誌事項

レディーの赤面 : ヴィクトリア朝社会と化粧文化

坂井妙子著

勁草書房, 2013.2

タイトル読み

レディー ノ セキメン : ヴィクトリアチョウ シャカイ ト ケショウ ブンカ

大学図書館所蔵 件 / 172

注記

参考文献: 巻末p27-39

図版出所一覧: 巻末p41-43

内容説明・目次

内容説明

頬をバラ色に見せるドレス。顎ひもで自在に赤面できる帽子。ブラッシュ・ローズを飾ったパラソル。化粧でつくる乙女キャラ。人の外面から内面を読みとることができるとする観相学の流行をバックに、「赤面」が若い女性の純真を示す証となったヴィクトリア朝期。「理想の女性」像がつくられる過程を文学、絵画、服飾資料から描く。

目次

  • 序章 ヴィクトリアンにとっての表情とは
  • 第1章 赤面を科学する—チャールズ・ダーウィン『人、及び動物の表情について』(一八七二年)
  • 第2章 理想的なレディーの赤面—ドリー・ヴァーデン
  • 第3章 「明るい」顔色が語る
  • 第4章 化粧の美徳を説く
  • 第5章 ブラッシュ・ローズを纏う
  • 終章 ヴィクトリアンの自己抑制と赤面

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ