人はなぜ傷つくのか : 異形の自己と黒い聖痕

書誌事項

人はなぜ傷つくのか : 異形の自己と黒い聖痕

秋田巌著

(講談社選書メチエ, 554)

講談社, 2013.7

タイトル別名

人はなぜ傷つくのか : 異形の自己と黒い聖痕

タイトル読み

ヒト ワ ナゼ キズツクノカ : イギョウ ノ ジコ ト クロイ セイコン

大学図書館所蔵 件 / 179

注記

文献・注: 各章末

内容説明・目次

内容説明

ブラック・ジャックを始めとするマンガ、「ゴジラ」などの映画、テレビドラマに見られる「ブラックな」キャラクターなど、日本文化固有の「傷」の表現の彼方に、文化の固有性を超えた普遍的な人間の実存の表象を見る。ユング、河合隼雄の業績を受け継ぎながら新たな局面を切り開く、ユング派心理学の意欲作。

目次

  • 序章 傷を生きる精神学
  • 第1章 異形の自己
  • 第2章 癒されぬ個性化
  • 第3章 純粋にして強靭な意志—『Happy!』より
  • 第4章 黒い超自我
  • 第5章 「傷」が呼び寄せるもの—『カフーを待ちわびて』より
  • 第6章 異類としてのアンドロイド—“さようなら”より
  • 終章 「原傷—黒い聖痕」

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ