書誌事項

きまぐれ歴史散歩

池内紀著

(中公新書, 2234)

中央公論新社, 2013.9

タイトル読み

キマグレ レキシ サンポ

大学図書館所蔵 件 / 261

内容説明・目次

内容説明

歴史の「洗礼」を受けた土地には、不思議なオーラがある。たたずまいが微妙にちがうのだ。考古学の常識をくつがえした岩宿遺跡、平家一門が波間に消えた壇ノ浦、徳川の天下を決した関ヶ原、忠臣蔵の四十七士の故里・赤穂、そして特攻隊が出撃した九州南端の知覧基地—。好奇心のおもむくまま、由緒ある町を訪ね、古代から近現代まで、自由に時間を旅する。歴史の魅力を堪能し、思索をめぐらした紀行エッセイ。

目次

  • 旧石器あらわる
  • 法隆寺金堂出火
  • 空海開山
  • 運慶多忙ナリ
  • あな哀し壇ノ浦
  • 天下分け目の関ヶ原
  • 赤穂城明け渡し
  • 浅間大変天明の大噴火
  • 大塩立てり
  • 和ノ宮様お通り
  • 寺田屋の血しぶき
  • 嗚呼壮絶 会津戦争
  • 国男少年の故里
  • 足尾の百年
  • 秩父困民党蜂起
  • 北海道庁開庁す
  • 板東俘虜収容所
  • 再会、われらのメンタム
  • 大本弾圧
  • 特攻隊出撃す
  • 原爆投下
  • 光太郎の山居七年
  • 「岸壁の母」異聞
  • 伊勢湾台風
  • 「永仁の壷」事件
  • 霞が関ビルの誕生

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ