歴史的賠償と「記憶」の解剖 : ホロコースト・日系人強制収容・奴隷制・アパルトヘイト

書誌事項

歴史的賠償と「記憶」の解剖 : ホロコースト・日系人強制収容・奴隷制・アパルトヘイト

ジョン・トーピー著 ; 藤川隆男, 酒井一臣, 津田博司訳

(サピエンティア, 33)

法政大学出版局, 2013.11

タイトル別名

Making whole what has been smashed : on reparations politics

歴史的賠償と記憶の解剖 : ホロコースト日系人強制収容奴隷制アパルトヘイト

タイトル読み

レキシテキ バイショウ ト キオク ノ カイボウ : ホロコースト ニッケイジン キョウセイ シュウヨウ ドレイセイ アパルトヘイト

大学図書館所蔵 件 / 169

注記

註記: p261-308

索引: p310-318

内容説明・目次

内容説明

地域の事例を比較考察し、新たに展開している賠償政治の見取り図を提示する。

目次

  • 第1章 浮上する水面下の歴史(過去を償う:簡略な思想史;歴史の雪崩 ほか)
  • 第2章 賠償政治の解剖(賠償の定義;賠償政治の見取り図 ほか)
  • 第3章 記念・補償・和解—日系アメリカ人と日系カナダ人の賠償要求(背景:強制収容の経験;賠償と和解 ほか)
  • 第4章 四〇エーカー—アメリカの黒人にとっての賠償(黒人のアメリカ人に対する賠償を求める闘争;合衆国における黒人に対する賠償:現在にいたる展開 ほか)
  • 第5章 ポストコロニアルな賠償—アパルトヘイト後のナミビアと南アフリカにおける賠償政治(ナミビアにおける賠償政治;アパルトヘイト後の南アフリカにおける賠償政治 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ