経済覇権のゆくえ : 米中伯仲時代と日本の針路

書誌事項

経済覇権のゆくえ : 米中伯仲時代と日本の針路

飯田敬輔著

(中公新書, 2240)

中央公論新社, 2013.11

タイトル読み

ケイザイ ハケン ノ ユクエ : ベイチュウ ハクチュウ ジダイ ト ニホン ノ シンロ

大学図書館所蔵 件 / 283

注記

関連年表: p270-272

参考文献: p261-269

内容説明・目次

内容説明

リーマン・ショックを皮切りに、世界を揺るがした金融危機。それはアメリカ経済覇権の終焉と、来たるべき米中逆転の予兆なのか—。本書は、戦後の世界経済をめぐる興亡を「経済覇権」という視点で読み解く。アメリカ覇権の下で出発した戦後の国際経済秩序は、アメリカの衰退と日本の挑戦、そして中国などBRICS諸国の躍進を経て、米中が勢力伯仲する時代に入りつつある。この難局に日本がとるべき針路を探る。

目次

  • 序章 経済覇権とは何か
  • 第1章 覇権衰退は混乱をもたらすか
  • 第2章 戦後国際経済秩序の誕生
  • 第3章 通商体制の変遷
  • 第4章 通貨・金融体制の変遷
  • 第5章 世界金融・経済危機
  • 第6章 中国の台頭と「共同覇権」
  • 第7章 米中は逆転するのか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ