人類5万年文明の興亡 : なぜ西洋が世界を支配しているのか

書誌事項

人類5万年文明の興亡 : なぜ西洋が世界を支配しているのか

イアン・モリス著 ; 北川知子訳

筑摩書房, 2014.3

タイトル別名

Why the West rules--for now : the patterns of history, and what they reveal about the future

人類5万年 : 文明の興亡 : なぜ西洋が世界を支配しているのか

タイトル読み

ジンルイ 5マンネン ブンメイ ノ コウボウ : ナゼ セイヨウ ガ セカイ オ シハイ シテイルノカ

大学図書館所蔵 件 / 211

注記

原著 (Farrar, Straus and Giroux, c2010) の翻訳

参考文献: 下: p390-432

索引あり

内容説明・目次

巻冊次

上 ISBN 9784480861276

内容説明

1842年、イギリスが阿片戦争に勝利して以来150年間、西洋は紛れもなく東洋を圧倒し、世界を支配している。だが、なぜ歴史はそのように展開したのか。それは歴史の必然なのか、あるいは単なる技術革新の勝利なのか。それとも西洋には本質的に何かしら有利な条件があったのか。西洋と東洋、それぞれの文明を人類の黎明期からたどり直してみると、いずれにおいても似たような発展と衰退のパターンをくり返してきたのがわかる。過去のあらゆる文明を行き詰まらせた5つの要因とは何か—。スタンフォードの歴史学教授が圧倒的なスケールで人類史を俯瞰、現在の文明世界の閉塞状況をクリアに描き出す。

目次

  • 1 黎明—東西世界の誕生(「東洋」と「西洋」の生まれる前;西洋がリード;過去を測る)
  • 2 興亡—文明隆盛と衰退の法則(東洋の追い上げ;接戦;衰退と崩壊)
巻冊次

下 ISBN 9784480861283

内容説明

西洋は常に世界の覇者だったわけではない。5世紀半ばから1200年もの間、アジアは紛れもなく文明の最先端を走っていた。下巻はこの東洋の時代から始まる。ではなぜ中国で産業革命は起こらなかったのか。これまで幾度となく問われてきたこの問いに、著者は大胆で独創的な答えを用意する。そしてあらゆる文明が停滞と衰退を免れないとしたら、何がそれを打ち破る契機となるのかと問い返す。今日の文明世界は次なる革新を迎えることができるのか—。「2103年、西洋文明が終わりを迎える」。その衝撃の未来図を明晰な論理によって導き出す。歴史書の金字塔。

目次

  • 2 興亡—文明隆盛と衰退の法則(承前)(東洋の時代;世界へ向かう;西洋が追いつく;西洋の時代)
  • 3 未来—歴史が指し示すもの(なぜ西洋が支配しているのか…;…今のところは)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB15254014
  • ISBN
    • 9784480861276
    • 9784480861283
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ