宗教とグローバル市民社会 : ロバート・ベラーとの対話

書誌事項

宗教とグローバル市民社会 : ロバート・ベラーとの対話

ロバート・N・ベラー, 島薗進, 奥村隆編

岩波書店, 2014.5

タイトル別名

Religion and civil society in the global age : a collection of late lectures by Robert Bellah

宗教とグローバル市民社会 : ロバートベラーとの対話

タイトル読み

シュウキョウ ト グローバル シミン シャカイ : ロバート・ベラー トノ タイワ

大学図書館所蔵 件 / 156

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

文献: 章末

収録内容

  • グローバルな市民社会と市民宗教の可能性 / ロバート・N・ベラー著 ; 松村圭一郎訳
  • 世界市民宗教はいかに可能か / 宮島喬著
  • 進化・遊び・宗教 : 人類進化における宗教について / ロバート・N・ベラー著 ; 奥村隆, 後藤孝太訳
  • ベラーVS.ベラー : 宗教をめぐるふたつの視点 / 奥村隆著
  • ファンタジーの世界に閉じこもってはいけない : 環境危機と国際政治、そして人類の課題 / ロバート・N・ベラー問題提起 ; 古矢旬, 大澤真幸, ミラ・ゾンタークコメント ; 奥村隆, 生井英考進行
  • 丸山眞男の比較ファシズム論 / ロバート・N・ベラー著 ; 中島隆博訳
  • 日本はどこにいるのか / 中島隆博著
  • 人類進化における宗教 / ロバート・N・ベラー著 ; 中村圭志訳
  • 「進化」と超越界の自立性 : ロバート・ベラーの宗教論の到達地点 / 島薗進著

内容説明・目次

内容説明

人類にとって宗教の本質と役割とは何か。グローバル資本主義の猛威がもたらす貧困と格差、環境危機、核、エネルギー問題等、世界規模の困難が人間の未来を脅かすなか、それに対処するための倫理的な連帯の基盤をいかに見出し、育んでいくか。そして偏狭なナショナリズムが各国で勢いを増すいま、丸山眞男の比較ファシズム論から改めて何を学ぶか。本書は、アメリカの宗教社会学者、ロバート・N・ベラー(1927‐2013)と二〇一二年秋に行われた貴重な対話の記録である。孤立を深める日本への警鐘として、死の直前に書かれたベラーの序文も収録。

目次

  • 1(グローバルな市民社会と市民宗教の可能性;世界市民宗教はいかに可能か)
  • 2(進化・遊び・宗教—人類進化における宗教について;ベラーvs.ベラー—宗教をめぐるふたつの視点)
  • 3(シンポジウム ファンタジーの世界に閉じこもってはいけない—環境危機と国際政治、そして人類の課題)
  • 4(丸山眞男の比較ファシズム論;日本はどこにいるのか)
  • 5(人類進化における宗教;「進化」と超越界の自立性—ロバート・ベラーの宗教論の到達地点)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB15629693
  • ISBN
    • 9784000259750
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xxi, 228p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ