書誌事項

フィールドに入る

椎野若菜, 白石壮一郎編

(100万人のフィールドワーカーシリーズ, 1)

古今書院, 2014.6

タイトル別名

Entering the field

タイトル読み

フィールド ニ ハイル

大学図書館所蔵 件 / 201

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

参考文献: 章末

内容説明・目次

目次

  • 1 社会的活動としてのフィールドワーク—人づきあいで調査も変わる?(ミシャキ家の居候—アフリカ農村調査での人づきあい;「鯨捕り」に染まりゆく私—鯨類の行動学的調査への布石;森の水先案内人—大型類人猿調査と「トラッカー」)
  • 2 極地フィールドワークとの出会い—そのロマンとサバイバル(新たな調査地への挑戦—ロシア・アルタイの素晴らしい自然との出会い;のこのこと犬ソリにのって—北極探検家と行くフィールドワーク;これからの「南極フィールドことはじめ」—フロンティアを目指す人のための温故知新術)
  • 3 フィールドワーカーとフィールド—現場と調査の相互関係(中国・黄土高原に「カメラマン」として住まう—カメラを通して複数の眼をとり込む;「恊働」を生み出すフィールド—廃校をめぐる研究・開発・教育のはざまで;ふたりの調査助手との饗宴(コンヴィヴィアリティ)—ウガンダ・アドラ民族の世界観を探る)
  • 4 フィールドワークする私—参与観察のなかでの調査者(ウガンダでパフォーマーになる—「調べる」ことと「なる」こと;フィールドは「どこ」にある?—ホセさんのまなざしが教えてくれること;家族、友人、アシスタントとともに—フィールドワークという暮らし)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ