ローマ帝国の崩壊 : 文明が終わるということ

書誌事項

ローマ帝国の崩壊 : 文明が終わるということ

ブライアン・ウォード=パーキンズ著 ; 南雲泰輔訳

白水社, 2014.6

タイトル別名

The fall of Rome : and the end of civilization

タイトル読み

ローマ テイコク ノ ホウカイ : ブンメイ ガ オワル トイウ コト

大学図書館所蔵 件 / 207

注記

年表: p273-277

参考文献一覧: 巻末p36-44

内容説明・目次

内容説明

ローマ帝国末期にゲルマン民族が侵入してきたとき、ローマ社会や経済に何が起き、人びとの暮らしはどう変化したのか。史学・考古学双方の研究を駆使して描く、激動の時代の実態。

目次

  • そもそもローマは滅んだのか
  • 第1部 ローマ帝国の崩壊(戦争の恐怖;敗北への道;新しい主人のもとで生きる)
  • 第2部 文明の終わり(快適さの消滅;なぜ快適さは消滅したか;ひとつの文明の死とは;この最善なる可能世界において、あらゆる物事はみな最前なのか;補遺 陶片から人びとへ)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ