国境の人びと : 再考・島国日本の肖像

書誌事項

国境の人びと : 再考・島国日本の肖像

山田吉彦著

(新潮選書)

新潮社, 2014.8

タイトル別名

国境の人びと : 再考島国日本の肖像

タイトル読み

コッキョウ ノ ヒトビト : サイコウ・シマグニ ニホン ノ ショウゾウ

大学図書館所蔵 件 / 124

内容説明・目次

内容説明

境界だからこそ晒される脅威と苦難。だが、そこにも根を下す人々がいた。北は択捉島から南は沖ノ鳥島まで、東は南鳥島から西は与那国まで、世界で六番目に広い「海」を持つ日本。その国境はすべて海の上にある。紛争の最前線、北方領土、対馬、竹島、尖閣諸島をはじめ、九十九に上る国境離島のことごとくに足を運び、自らの目で確かめた著者が、そこで暮す“人”を通じて問い直す「この国のかたち」—。

目次

  • 第1章 「紛争の現場」最前線—今、そこで何が起きているのか(狙われた美しき国境の島—尖閣諸島、「海洋保護区」への提言;韓国色に染まる青い海と緑の山—対馬「仏像盗難事件」の理由 ほか)
  • 第2章 離島で生きる知恵—“周縁”だからこその独自な活力(世界遺産のボニンアイランズ—小笠原から日本の海を守る;最西端、絶海の孤島—与那国島を台湾との交流拠点に ほか)
  • 第3章 忘れ去られし島々—“国のかたち”さえ変える過疎化の波(海上安全保障上最大の問題とは—海の要衝・奄美の末期的過疎;徐福も流れ着いたという中国の対岸—不便さが生んだ甑島の名酒 ほか)
  • 第4章 国境の未来像—“外”に向かう新たな模索(海峡内に横たわる公海の存在—津軽海峡にある国境線;広大な海を持つ最南端の孤島—沖ノ鳥島の海洋権益を守れ ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ