論文捏造はなぜ起きたのか?

書誌事項

論文捏造はなぜ起きたのか?

杉晴夫著

(光文社新書, 714)

光文社, 2014.9

タイトル別名

論文捏造はなぜ起きたのか

タイトル読み

ロンブン ネツゾウ ワ ナゼ オキタノカ

大学図書館所蔵 件 / 190

注記

主要参考文献: p252-253

内容説明・目次

内容説明

世界を騒がせた、理化学研究所のSTAP細胞事件。この背後には、日本の歪んだ科学行政があった。外圧によってもたらされた、分子生物学・再生医療分野の盛況と、潤沢すぎる研究資金。大学の独立行政法人化により伝統と研究の自由を蹂躙され、政府・産業界の使用人と化した大学研究者たち。学術雑誌の正体と商業主義など、研究者を論文捏造に走らせる原因の数々を、筆者ならではの視点から、科学史を交えつつ鋭く指摘する。研究者の自由を取り戻し、論文捏造を根絶するための提言も行なう。

目次

  • 第1章 理化学研究所STAP細胞事件とは
  • 第2章 研究者はなぜ、データを捏造するのか
  • 第3章 明治時代の生命科学の巨人たちはいかに活躍したか
  • 第4章 近年のわが国の生命科学の沈滞
  • 第5章 科学史上に残る論文捏造
  • 第6章 分子遺伝学の歴史と、今後の目標
  • 第7章 わが国の生命科学の滅亡を阻止するには

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ