書誌事項

死刑肯定論

森炎著

(ちくま新書, 1107)

筑摩書房, 2015.1

タイトル別名

死刑肯定論

タイトル読み

シケイ コウテイロン

大学図書館所蔵 件 / 167

内容説明・目次

内容説明

死刑論と言えば、これまで存廃論議に終始していた。存置にしろ廃止にしろ、正義論を根拠に語ると、結局は優劣を比較したり、感情論に終始したりするなど、相対的なものでしかなかった。従来強調される「人的道な見知」「犯罪の抑止効果の有無」「誤判の可能性」…には、大きな錯誤があるのだ。本書は、これまでの議論や主張をコンパクトに整理。人はなぜ死刑を求めるのか、あらたな視点で死刑の究極的論拠をさぐり、罪と罰の本質をえぐりだす。

目次

  • 市民が死刑判断をする意味
  • 死刑の二律背反
  • 死刑論の時代的限界
  • 死刑の全根拠
  • 冤罪問題で死刑を廃止するか
  • 死の権力の全貌
  • 被害者の復讐感情は野蛮か
  • 人数基準に意味はあるか
  • 悪性は根拠になるか
  • 死刑を求める「安全な社会」〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB17614198
  • ISBN
    • 9784480068132
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    234p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ