教育哲学の課題「教育の知とは何か」 : 啓蒙・革新・実践

書誌事項

教育哲学の課題「教育の知とは何か」 : 啓蒙・革新・実践

小笠原道雄編

(教育的思考の作法, 5)

福村出版, 2015.6

タイトル別名

教育哲学の課題教育の知とは何か : 啓蒙革新実践

タイトル読み

キョウイク テツガク ノ カダイ キョウイク ノ チ トワ ナニカ : ケイモウ カクシン ジッセン

大学図書館所蔵 件 / 135

注記

各章末に参考文献あり

内容説明・目次

目次

  • 1 啓蒙(近代教育学再考—ルソー・汎愛派・ペスタロッチー;スイス啓蒙主義とペスタロッチーの誕生;ヘルバルトにおける教育の哲学的水脈—知の経験と「場」 ほか)
  • 2 革新(教育学の課題としてのリスク—福島第一原発事故以後の展望;物語られた人間形成を読み解く—現代ドイツ教育学における人間形成論的に方向づけられたビオグラフィー研究をめぐる検討;「陶冶」と「人間形成」—ビルドゥング(Bildung)をめぐる教育学的な意味世界の構成 ほか)
  • 3 実践(シティズンシップ教育とこれからの道徳教育—鍵的課題としての討議過程創出という課題;規範と道徳教育—法教育との対話を通して;教育哲学を道徳教育につなぐ—ハーバーマスの討議倫理学にもとづく道徳授業づくり ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB18787078
  • ISBN
    • 9784571101717
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    407p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ