ビックリするほど遺伝子工学がわかる本 : 遺伝子診断から難病の治療薬、クローン、出生前診断、再生医療の可能性まで

書誌事項

ビックリするほど遺伝子工学がわかる本 : 遺伝子診断から難病の治療薬、クローン、出生前診断、再生医療の可能性まで

生田哲著

(サイエンス・アイ新書, SIS-337)

SBクリエイティブ, 2015.8

タイトル別名

遺伝子工学がわかる本 : ビックリするほど : 遺伝子診断から難病の治療薬クローン出生前診断再生医療の可能性まで

タイトル読み

ビックリ スルホド イデンシ コウガク ガ ワカル ホン : イデンシ シンダン カラ ナンビョウ ノ チリョウヤク、 クローン、 シュッショウマエ シンダン、 サイセイ イリョウ ノ カノウセイ マデ

大学図書館所蔵 件 / 99

注記

おもな参考文献: p188

著者によるおもなライフサイエンス図書: p189

内容説明・目次

内容説明

遺伝子工学を知らなくても、わたしたちはこの技術を利用した遺伝子診断キットやさまざまな治療薬、出生前診断サービスなどを使っています。さらに今後期待されるiPS細胞を使った治療も、この遺伝子工学を利用した治療なのです。本書ではこの遺伝子工学について、どういう技術かを基礎のキソから解説するとともに、その可能性について紹介していきます。

目次

  • 第1章 遺伝子工学とはどんなものか?(わたしたちの生活を激変させる遺伝子工学;DNAクローニングとはDNAを大量にコピーすること;ヒトもイヌもスギも細胞でできている ほか)
  • 第2章 遺伝子工学でこんなことができる(プロテイン・エンジニアリングで医薬品がどんどんできるのか?;タンパク質でできた薬は万能ではない;タンパク質の形を決める共有結合、水素結合、イオン結合 ほか)
  • 第3章 ヒトの病気にかかわる遺伝子(感染症と内因性の病気;遺伝性疾患ってどんな病気?;環境要因と遺伝子要因 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB19242469
  • ISBN
    • 9784797365429
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    191p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ