書誌事項

特攻 : 戦争と日本人

栗原俊雄著

(中公新書, 2337)

中央公論新社, 2015.8

タイトル読み

トッコウ : センソウ ト ニホンジン

大学図書館所蔵 件 / 291

注記

主要参考文献: p243-245

「特攻」関連年表: p246-248

内容説明・目次

内容説明

第2次世界大戦末期、追いつめられた日本陸海軍は、爆弾もろとも敵艦船などに体当たりする特別攻撃=「特攻」を将兵に課した。当初は戦果を上げたが、米軍の迎撃態勢が整うと効果は低下。軍は特攻専用の航空機「桜花」、潜水艇「回天」なども投入する。だが大勢は挽回せず、敗戦までの1年弱の間に航空機だけでも4000人が犠牲となった。本書は、日本人特異の「戦法」の起源、実態、戦後の語られ方など、その全貌を描く。

目次

  • 序章 「特攻」とは何か—「組織的行動」前史
  • 第1章 神風特別攻撃隊—フィリピン戦線からの始動
  • 第2章 終わらない航空特攻—沖縄から本土へ
  • 第3章 戦艦、魚雷、機雷、ボート—繰り出される「奇手」
  • 第4章 語り継がれた70年—「特攻」の戦後史
  • 終章 21世紀に生きる「特攻」—離島、黒島

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ