歴史的にみた英語の語形成

書誌事項

歴史的にみた英語の語形成

米倉綽著

(開拓社言語・文化選書, 54)

開拓社, 2015.10

タイトル別名

英語の語形成 : 歴史的にみた

タイトル読み

レキシテキ ニ ミタ エイゴ ノ ゴケイセイ

大学図書館所蔵 件 / 147

注記

参考文献: p211-219

内容説明・目次

内容説明

本書は歴史的視点から英語の語形成を考察した試みである。まず、古英語から初期近代英語までの複合語の特徴を概観する。これに続いて、中英語における脚韻と派生語の関係、名詞転換動詞の意味特徴、派生語と単純語の選択、形容詞を派生する接尾辞の形態的・意味的相違、初期近代英語における複合語の形態的・統語的・意味的特徴を述べ、最後に三つの接尾辞の文法化に言及する。

目次

  • 第1章 語形成研究概観
  • 第2章 複合語の特徴とは?
  • 第3章 派生語形成は脚韻と関係があるか?
  • 第4章 転換とは何か?
  • 第5章 派生語と単純語の競合—否定接辞付加語と否定語
  • 第6章 形容詞派生接尾辞の形態的制約と意味—チョーサーの場合
  • 第7章 初期近代英語における複合語の形態的・統語的・意味的特徴—シェイクスピアの場合
  • 第8章 語形成と文法化

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB19809052
  • ISBN
    • 9784758925549
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpneng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xi, 226p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ