家族幻想 : 「ひきこもり」から問う

書誌事項

家族幻想 : 「ひきこもり」から問う

杉山春著

(ちくま新書, 1163)

筑摩書房, 2016.1

タイトル別名

家族幻想 : ひきこもりから問う

タイトル読み

カゾク ゲンソウ : 「ヒキコモリ」 カラ トウ

大学図書館所蔵 件 / 203

内容説明・目次

内容説明

現在、「ひきこもり」と呼ばれる人々の数は、およそ七〇万人、親や社会の価値観でみずからを束縛した挙句、羞恥心と屈辱にまみれざるをえなかった彼・彼女たち。ひとたび密室に閉じこもれば、家庭は激しい暴力に満ちた世界へと一変することも…。現代を支配する息苦しさの象徴である「ひきこもり」を長年にわたった取材し、絶望の底で現代の辛苦に寄り添ってきた著者が、“家族の絆”という神話に巨大な疑問符をつきつける。閉ざされた内奥に目を凝らし、現代の希望を探しもとめる圧倒的なノンフィクション。

目次

  • 第1章 ひきこもり七〇万人の時代—閉じてゆく核家族
  • 第2章 家族という幻想—近代日本のイエ制度
  • 第3章 私の中のひきこもり—内在的に問う
  • 第4章 家族の絆という神話—価値を継承する装置
  • 第5章 親たちの苦悩—親を降りられない父と母
  • 第6章 見えないイエ制度—自己卑下という地獄
  • 第7章 ひきこもりの女性たち—家族が解体されるとき
  • 終章 家族をひらく—自分の場所を社会につくる

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ