現代の学校を読み解く : 学校の現在地と教育の未来

書誌事項

現代の学校を読み解く : 学校の現在地と教育の未来

末松裕基編著

春風社, 2016.4

タイトル読み

ゲンダイ ノ ガッコウ オ ヨミトク : ガッコウ ノ ゲンザイチ ト キョウイク ノ ミライ

大学図書館所蔵 件 / 119

注記

索引: p377-383

文献あり

収録内容

  • 現代の学校の課題と可能性 / 末松裕基 [著]
  • 「教科書を教える学校」から「カリキュラムを開発する学校」へ / 安藤福光 [著]
  • 新しい学校と教師の学習 / 篠原岳司 [著]
  • ゼロからの理念型学校づくり : 君に熱意や志はあるか / 畑康裕 [著]
  • 超学校社会 : "学校まみれ"の社会と学校を超える社会 / 林寛平 [著]
  • 近代/現代の学校を批判的に考える : 学校を変えるためのリアリズム / 生澤繁樹 [著]
  • 学校の仕事の拡大史 / 雪丸武彦 [著]
  • 制度としての学校 / 荒井英治郎 [著]
  • ドイツの学校は国家とどう付き合ってきたか / 辻野けんま [著]
  • 学校は世界の子どもを救えるか / 橋本憲幸 [著]

内容説明・目次

内容説明

いま学校で何が起きているか、教育は社会を照らす希望となるか。学校の社会的意義が揺らぎつつある現代。若き教育学者たちが、教育現場の最前線から教育の未来を描く視点を提示し、ありうべき学校を構想する。

目次

  • 第1部 現代の学校はどうなっているか?(現代の学校の課題と可能性;「教科書を教える学校」から「カリキュラムを開発する学校」へ;新しい学校と教師の学習;ゼロからの理念型学校づくり—君に熱意や志はあるか;超学校社会—“学校まみれ”の社会と学校を超える社会)
  • 第2部 現代の学校を考える視点とは?(近代/現代の学校を批判的に考える—学校を変えるためのリアリズム;学校の仕事の拡大史;制度としての学校;ドイツの学校は国家とどう付き合ってきたか;学校は世界の子どもを救えるか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21104821
  • ISBN
    • 9784861105043
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    横浜
  • ページ数/冊数
    383p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ