グーグルマップの社会学 : ググられる地図の正体

書誌事項

グーグルマップの社会学 : ググられる地図の正体

松岡慧祐著

(光文社新書, 825)

光文社, 2016.6

タイトル読み

グーグル マップ ノ シャカイガク : ググラレル チズ ノ ショウタイ

大学図書館所蔵 件 / 151

注記

脚注一覧: p226-237

内容説明・目次

内容説明

グーグルマップによって、わたしたちの世界は本当に広がったのか?社会は、よく見えるようになったのか?新進気鋭の社会学者による、新しい地図論!

目次

  • 第1章 地図の社会学(地図とは何か;社会が地図をつくる ほか)
  • 第2章 グーグルマップ前史(地図の大衆化と精密化;都市地図—都市化・郊外化の表象 ほか)
  • 第3章 グーグルマップの現在(デジタル化;グーグルマップはどう進化したか ほか)
  • 第4章 グーグルマップが閉ざす/開く世界(断片化;シークエンス化 ほか)
  • 第5章 グーグルマップの未来(個人化・断片化を促すアーキテクチャ;移動の誘発 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ