書誌事項

なぜ蚊は人を襲うのか

嘉糠洋陸著

(岩波科学ライブラリー, 251)

岩波書店, 2016.7

タイトル別名

なぜ蚊は人を襲うのか

タイトル読み

ナゼ カ ワ ヒト オ オソウ ノカ

大学図書館所蔵 件 / 235

内容説明・目次

内容説明

オスと交配したメス蚊だけがまさに人を襲うバンパイアと化し、ときに恐るべき病原体を人の体内に注入。吸血された人を“患者”というものに変えてしまう。アフリカの大地で巨大蚊柱と格闘し、アマゾンでは牛に群がる蚊を追う。かたや研究室で万単位の蚊を飼育。そんな著者だからこそ語れる蚊の知られざる奇妙な生態の数々。

目次

  • 1 その蚊、危険につき
  • 2 蚊なりのイキカタ
  • 3 標的を発見!
  • 4 蚊が血を吸うわけ
  • 5 病気の運び屋として
  • 6 蚊との戦いか、共存か

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21637175
  • ISBN
    • 9784000296519
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 128p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ