ビル・クリントン : 停滞するアメリカをいかに建て直したか

書誌事項

ビル・クリントン : 停滞するアメリカをいかに建て直したか

西川賢著

(中公新書, 2383)

中央公論新社, 2016.7

タイトル別名

ビルクリントン : 停滞するアメリカをいかに建て直したか

タイトル読み

ビル・クリントン : テイタイ スル アメリカ オ イカニ タテナオシタカ

大学図書館所蔵 件 / 273

注記

参考文献: p253-258

ビル・クリントン略年譜: p259-262

内容説明・目次

内容説明

1993年、46歳の若さで、戦後生まれ初の米国大統領に就任したビル・クリントン。2期8年の任期中、民主党政権ながら福祉削減を厭わず中道主義を追求。財政と貿易の「双子の赤字」を解決し好況に導く。また国際紛争解決に積極的に関与し、冷戦後の新たな国家関係を模索。米国を繁栄に導いた。本書は、次々とカネとセックスのスキャンダルにまみれ、弾劾裁判を受けながらも、多くの実績を残し、今なお絶大な人気を誇る彼の半生を追う。

目次

  • 第1章 深南部での青年期—苦難な環境と人格形成
  • 第2章 大統領への道—現職ブッシュ、ペローとの戦い
  • 第3章 迷走する第1期政権—1993〜1996年
  • 第4章 「第三の道」による長期政権へ—1996〜2001年
  • 第5章 スキャンダルと弾劾裁判
  • 終章 クリントンとアメリカの再生—中道路線の選択

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ