読んでいない本について堂々と語る方法

書誌事項

読んでいない本について堂々と語る方法

ピエール・バイヤール著 ; 大浦康介訳

(ちくま学芸文庫, [ハ-46-1])

筑摩書房, 2016.10

タイトル別名

Comment parler des livres que l'on n'a pas lus?

読んでいない本について堂々と語る方法

タイトル読み

ヨンデ イナイ ホン ニツイテ ドウドウ ト カタル ホウホウ

大学図書館所蔵 件 / 143

注記

2008年11月筑摩書房刊の文庫版

原著 (Paris : Minuit, c2007) の全訳

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

本は読んでいなくてもコメントできる。いや、むしろ読んでいないほうがいいくらいだ—大胆不敵なテーゼをひっさげて、フランス文壇の鬼才が放つ世界的ベストセラー。ヴァレリー、エーコ、漱石など、古今東西の名作から読書をめぐるシーンをとりあげ、知識人たちがいかに鮮やかに「読んだふり」をやってのけたかを例証。テクストの細部にひきずられて自分を見失うことなく、その書物の位置づけを大づかみに捉える力こそ、「教養」の正体なのだ。そのコツさえ押さえれば、とっさのコメントも、レポートや小論文も、もう怖くない!すべての読書家必携の快著。

目次

  • 1 未読の諸段階(「読んでいない」にも色々あって…)(ぜんぜん読んだことのない本;ざっと読んだ(流し読みをした)ことがある本;人から聞いたことがある本;読んだことはあるが忘れてしまった本)
  • 2 どんな状況でコメントするのか(大勢の人の前で;教師の面前で;作家を前にして;愛する人の前で)
  • 3 心がまえ(気後れしない;自分の考えを押しつける;本をでっち上げる;自分自身について語る)
  • 結び

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB22216875
  • ISBN
    • 9784480097576
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    300p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ