老いる家崩れる街 : 住宅過剰社会の末路

書誌事項

老いる家崩れる街 : 住宅過剰社会の末路

野澤千絵著

(講談社現代新書, 2397)

講談社, 2016.11

タイトル別名

老いる家 : 崩れる街 : 住宅過剰社会の末路

タイトル読み

オイル イエ クズレル マチ : ジュウタク カジョウ シャカイ ノ マツロ

大学図書館所蔵 件 / 305

注記

参考文献: p221-222

引用文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

現在約800万戸の空き家が15年後には2100万戸を超える…3戸に1戸が空き家に!「再自然化」する空き家、スラム化する分譲マンション、漏水・破裂する水道管、不便な立地の「サ高住」住みやすい「まち」に必要なものとは?

目次

  • 第1章 人口減少社会でも止まらぬ住宅の建築(つくり続けられる超高層マンションの悲哀;郊外に新築住宅がつくり続けられるまち;賃貸アパートのつくりすぎで空き部屋急増のまち)
  • 第2章 「老いる」住宅と住環境(住宅は「使い捨て」できるのか?;空き家予備軍の老いた住宅;分譲マンションの終末期問題;住環境も老いている〜公共施設・インフラの老朽化問題)
  • 第3章 住宅の立地を誘導できない都市計画・住宅政策(活断層の上でも住宅の新築を「禁止」できない日本;住宅のバラ建ちが止まらない;都市計画の規制緩和合戦による人口の奪い合い;住宅の立地は問わない住宅政策;住宅過剰社会とコンパクトシティ)
  • 第4章 住宅過剰社会から脱却するための7つの方策

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ