織田信長の家臣団 : 派閥と人間関係

書誌事項

織田信長の家臣団 : 派閥と人間関係

和田裕弘著

(中公新書, 2421)

中央公論新社, 2017.2

タイトル読み

オダ ノブナガ ノ カシンダン : ハバツ ト ニンゲン カンケイ

大学図書館所蔵 件 / 267

注記

主要参考文献: p287-296

内容説明・目次

内容説明

織田家中で最古参の重鎮・佐久間信盛は、本願寺攻めでの無為無策を理由に信長から突如追放された。一見理不尽な「リストラ」だが、婚姻や養子縁組による盤石の人脈を築けなかった結果とも言える。本書では、一万を超す大軍勢を任された柴田勝家・羽柴秀吉・滝川一益・明智光秀ら軍団長と、配下の武将たちの関係を、地縁・血縁などから詳細に検証。これまで知られなかった「派閥」の構造に迫り、各軍団の特性を明らかにする。

目次

  • 信長以前の尾張国
  • 家督継承
  • 尾張統一
  • 美濃衆の家臣化
  • 「天下人」へ向けて
  • 方面軍編成に向けて
  • 織田信忠軍
  • 神戸信孝軍
  • 柴田勝家軍
  • 佐久間信盛軍
  • 羽柴秀吉軍
  • 滝川一益軍
  • 明智光秀軍
  • 本能寺の変後の諸臣
  • 本能寺の変がもたらしたもの

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ