書誌事項

詭弁論理学

野崎昭弘著

(中公新書, 448)

中央公論新社, 2017.4

改版

タイトル読み

キベン ロンリガク

大学図書館所蔵 件 / 253

注記

参考文献: p225

内容説明・目次

内容説明

知的な観察によって、人を悩ます強弁・詭弁の正体を見やぶろう。言い負かし術には強くならなくとも、そこから議論を楽しむ「ゆとり」が生まれる。人食いワニのパラドックスや死刑囚のパラドックスなど、論理パズルの名品を題材に、論理のあそびをじっくり味わおう。それは、詭弁術に立ち向かうための頭の訓練にもなる。ギリシャの哲人からルイス・キャロルまでが登場する、愉快な論理学の本。「鏡と左右」問題の付録つき。

目次

  • 1 議論の種々相(議論べたの悩み;無理押しの強み ほか)
  • 2 強弁術(強弁術の誕生;小児型強弁 ほか)
  • 3 詭弁術(詭弁術の誕生;強弁との境 ほか)
  • 4 論理のあそび(やさしいパズル;説得ということ ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB23463552
  • ISBN
    • 9784121804488
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ii, 225p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ