ジョブ理論 : イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム

書誌事項

ジョブ理論 : イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム

クレイトン・M・クリステンセン [ほか] 著 ; 依田光江訳

ハーパーコリンズ・ジャパン, 2017.8

タイトル別名

Competing against luck : the story of innovation and customer choice

タイトル読み

ジョブ リロン : イノベーション オ ヨソク カノウ ニ スル ショウヒ ノ メカニズム

大学図書館所蔵 件 / 187

注記

原著 (HarperCollins Pub., c2016) の翻訳

その他の著者: タディ・ホール, カレン・ディロン, デイビット・S・ダンカン

巻末: 索引

内容説明・目次

内容説明

イノベーションの成否を分けるのは、顧客データや(この層はあの層と類似性が高い。顧客の68%が商品Bより商品Aを好むetc.)、市場分析、スプレッドシートに表れる数字ではない。鍵は“顧客の片づけたいジョブ(用事・仕事)”にある。世界で最も影響力のある経営学者が、人がモノを買う行為そのもののメカニズムを解き明かす、予測可能で優れたイノベーションの創り方。

目次

  • この本を「雇用」する理由
  • 第1部 ジョブ理論の概要(ミルクシェイクのジレンマ;プロダクトではなく、プログレス;埋もれているジョブ)
  • 第2部 ジョブ理論の奥行きと可能性(ジョブ・ハンティング;顧客が言わないことを聞き取る;レジュメを書く)
  • 第3部 「片づけるべきジョブ」の組織(ジョブ中心の統合;ジョブから目を離さない;ジョブを中心とした組織;ジョブ理論のこれから)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ