書誌事項

坑夫

谷川健一, 大和岩雄編

(民衆史の遺産 / 谷川健一, 大和岩雄責任編集, 第12巻)

大和書房, 2017.10

タイトル読み

コウフ

大学図書館所蔵 件 / 121

内容説明・目次

内容説明

明治以降一世紀にわたり、エネルギー供給の要として日本経済成長の基盤となった「石炭」。それを生み出した「炭鉱」の発展と衰亡。そこに生きた人びと。坑夫・女坑夫の肉声、地底の労働とヤマの暮らしの全史。

目次

  • 日本のエネルギー産業の構造変化(小田野純丸・荒谷勝喜)
  • 炭鉱の労働社会史(市原博)
  • 戦後日本炭鉱労使関係の特質と「炭鉱社会」の形成(市原博)
  • ヤマの仕事(『筑豊炭坑絵巻 上』より)(山本作兵衛)
  • 追われゆく坑夫たち(抄)(上野英信)
  • まっくら(抄)(森崎和江)
  • 沖縄・西表炭坑史(抄)(三木健)
  • 閉山(抄)(奈賀悟)
  • 炭坑美人(抄)(田嶋/雅已)
  • 僕は30号棟に住んでいた。(『軍艦島30号棟 夢幻泡影』より)(高橋昌嗣)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 民衆史の遺産

    谷川健一, 大和岩雄責任編集

    大和書房 2012.4-

    所蔵館4館

詳細情報

ページトップへ