ベル・フックスの「フェミニズム理論」 : 周辺から中心へ

書誌事項

ベル・フックスの「フェミニズム理論」 : 周辺から中心へ

ベル・フックス著 ; 野崎佐和, 毛塚翠訳

あけび書房, 2017.10

タイトル別名

ベルフックスのフェミニズム理論 : 周辺から中心へ

フェミニズム理論 : 周辺から中心へ

Feminist theory : from margin to center

タイトル読み

ベル・フックス ノ「フェミニズム リロン」 : シュウヘン カラ チュウシン エ

大学図書館所蔵 件 / 128

注記

原著3版の翻訳

訳者「野崎」の「崎」は「山竒」の置き換え

引用・参考文献一覧: p233-237

内容説明・目次

内容説明

フェミニズムとは一体、何なのか?フェミニズムは女性だけのものなのか?ベル・フックスのフェミニズム理論が古びない理由は?現代フェミニズム思想の教本。ベル・フックスの代表作の翻訳本刊行。

目次

  • 黒人女性—フェミニズム理論を形づくる
  • フェミニズム—性差別をなくすための運動
  • フェミニズム運動—その重要性
  • シスターフッド—社会運動としての連帯
  • 男性—闘いの同志たち
  • パワー—力の見方を変える
  • 仕事—その本質を問い直す
  • 女性を教育する—取り組むべき課題として
  • 暴力—根絶するための運動
  • 子育て—画期的な育児
  • セクシュアリティ—性的抑圧に終止符を打つ
  • フェミニズム革命—闘いをつうじた発展

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB24740421
  • ISBN
    • 9784871541541
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    237p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ